宮地英香 Miyachi Eikou 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm 5%OFF 3 巾筒 【70%OFF!】 利休茶碗 茶箱用 振出 外装

宮地英香(Miyachi Eikou) 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm (外装) 茶箱用 利休茶碗 巾筒 振出 3

5321円 宮地英香(Miyachi Eikou) 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm (外装) 茶箱用 利休茶碗 巾筒 振出 3 キッチン、日用品、文具 キッチン、台所用品 コーヒー、ティー用品 宮地英香 Miyachi Eikou 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm 5%OFF 3 巾筒 利休茶碗 茶箱用 振出 外装 キッチン、日用品、文具 , キッチン、台所用品 , コーヒー、ティー用品,振出,(外装),白,巾筒,茶箱用品,Eikou),/Cystidea1066266.html,3,利休茶碗,www.erinnern-villach.at,茶箱用,サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm,5321円,宮地英香(Miyachi 宮地英香 Miyachi Eikou 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm 5%OFF 3 巾筒 利休茶碗 茶箱用 振出 外装 キッチン、日用品、文具 , キッチン、台所用品 , コーヒー、ティー用品,振出,(外装),白,巾筒,茶箱用品,Eikou),/Cystidea1066266.html,3,利休茶碗,www.erinnern-villach.at,茶箱用,サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm,5321円,宮地英香(Miyachi 5321円 宮地英香(Miyachi Eikou) 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm (外装) 茶箱用 利休茶碗 巾筒 振出 3 キッチン、日用品、文具 キッチン、台所用品 コーヒー、ティー用品

5321円

宮地英香(Miyachi Eikou) 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm (外装) 茶箱用 利休茶碗 巾筒 振出 3

【商品名】
 宮地英香(Miyachi Eikou) 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm (外装) 茶箱用 利休茶碗 巾筒 振出 3

【商品説明】
 ・巾筒:直径4x高さ5.6?
・振出:直径6.7x高さ9.2cm(栓含む)
・利休茶碗サイズ:直径11.4x高さ7cm

【サイズ】
 高さ : 7.40 cm
 横幅 : 12.40 cm
 奥行 : 20.40 cm
 重量 : 480.0 g
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。


宮地英香(Miyachi Eikou) 茶箱用品 白 サイズ:縦19.5x横12x高さ7.3cm (外装) 茶箱用 利休茶碗 巾筒 振出 3

梱包、配送、共に迅速かつ丁寧でまったく問題なか利用することができました。機会があれば、また利用させて頂きます。
対応がびじょによくまた利用させてください
迅速で丁寧な梱包で安心できるストアです。
現品先程届きました。有難う御座いました。


前回
は杉本真維子の第二詩集『袖口の動物』(思潮社、2007)より「他人の手鏡」を集中的に読んだ。阿部嘉昭の「味読」に倣い、一行一行に注意を払いながら過剰な作品分析を試みたつもりだ。しかし最終的に、状況説明のように文脈を補いながら詩作品を読む手法の限界に直面することになった。物的証拠もしくは状況証拠を揃えて類推を働かせ、暗喩の作用を探り、音韻を確認しながら詩作品の「謎」を探る。詩作品の背後に隠れた意味が存在することを前提として、深遠な何かを言い当てようとする。詩を読む動機としてはそれで十分だろうし、痕跡としての「書かれた言葉」から恣意的な解釈を繰り広げる以外に読解の初手はない。だが、まず肝に銘じておくべきは、詩作品の分析者は探偵や精神科医ではないし、「最適解」の解釈に近づくことを目的とすべきでもないということだ。「書かれてないものを書かれてないままに読む」。前回の記事の結論部で仮に提起した課題だが、これを具体的に実践するにはアクロバティックな困難を伴う。「解釈しない」という単なる思考放棄とは違う仕方で、「書かれてないもの」を「書かれてないままに」、いわば空隙を空隙として読む方法を組織することは本当に可能なのだろうか?

» すべて読む


杉本真維子の第二詩集『袖口の動物』(思潮社、2007)に「他人の手鏡」という詩が収録されている。さほど長くない詩だが、細部を読み込んでいくと、行から行の運びに理屈では辻褄の合わない「断層」が生じる。読後に消化できない不安を残すという意味では厄介な詩だが、「理解すること」を目的としなければ、詩の読み方を探るための素材として杉本作品ほどに手応えのある対象はないかもしれない。試みに「他人の手鏡」の分析・読解メモをここに残してみたい。

» すべて読む

無表情な曇空がどこまでもつづく日曜の午後。15時40分、二階建ての小さな建物を改装したそのギャラリーに辿り着くと、長方形をした小部屋の壁面に「ráɪt」の文字をかたどったネオン管とシンプルな白の掛け時計が設置されていた。
ネオン管はコードでつながれているが灯りが点っておらず、秒針をはずされた掛け時計は少し先の時刻である15時50分を指したまま時が止まっている。照明器具としての機能を停止させた空虚なネオン管と、長針も短針も微動だにせず無用のオブジェと化した時計。1階に設えてあるのはそれぞれ《ráɪt》《15:50》と題されたこれら二つの作品のみで、空間の白さと要素の少なさが静態的な場を演出している。

» すべて読む


 

» すべて読む


SG36【エブリイワゴン DA17W】H27/2- レガリア シートカバー


東間嶺『行為と場所の記憶/記憶---〈引込線/放射線〉』展示風景(撮影:東間嶺)

» すべて読む

» すべて読む


 

» すべて読む

NEW POST
関連本
CATEGORIES
MONTHLY